プログラム

   プログラム概要



学術大会長講演
     心通う看護を支えるコミュニケーション
       −アサーションがもたらすもの−

                                              野末聖香  第23回聖路加看護学会大会長
                                                慶應義塾大学看護医療学部教授
                                   座長:林 直子(聖路加国際大学)

特別講演
               対人援助における共感の力:昔ながらの素朴な治療要因
                                               杉原保史 京都大学学生総合支援センター教授
                                   座長:野末聖香(慶應義塾大学)

教育講演
              こころのとらえ方に役立ついくつかのこと
                                                樋山光教 東京医療センター精神科医長
                                    座長:福田紀子(慶應義塾大学)

シンポジウム
              “看護の技”としてのコミュニケーション

      <シンポジス ト>
         佐居由美(聖路加国際大学)
            「学生のコミュニケーション力をどう育むか」
         細尾ちあき(NPO法人ぷるすあるは)
            「家族のこころの病気を伝える絵本を通して「安心」を届ける」
         馬庭恭子(ウィメンズ・キャンサー・サポート、広島市議会)
            「がん当事者同士をつなぎ支え合う」
         座長:小高恵実(上智大学)

ランチタイム・ミニ講座

       「anger マネジメント」
          宇佐美しおり(熊本大学教授)
      「アサーション・トレーニング」
          福嶋好重(横浜市立市民病院)
      「マインドフルネス」
          佐藤寧子(東京医療センター)
      「患者の感情表出を促すコミュニケーションスキル:NURSE」
          市川智里(国立がん研究センター東病院)
      「患者のスピリチュアルニーズの理解とケア」
          柴田実(聖路加国際大学キリスト教センター)

一般演題(口演・示説)

          募集は別途おしらせします

↑ PAGE TOP